mark01English

SIMATIC WinCC紹介コーナー

SIMATIC WinCC (Windows Control Center)は、Windowsベースによるシステム監視およびプロセス制御を行うためのハイエンドSCADAソフトウェアで、生産管理やインフラ・設備・機械などを視覚化して管理することができます。

オートメーションに関して、世界のマーケットをリードするシーメンスは、数十年にわたる工業オートメーションの経験を活かし、最先端技術を取り入れることにより、WinCCを開発しました。

ダイセックでは、WinCCスペシャリストとして、シーメンスのSCADAソフトウェアSIMATIC WinCC の販売、およびインテグレーションを行っています。
シーメンスWinCCサイトへ

WinCCの特長

グローバルソリューション対応
mark01あらゆる産業分野に対応するソリューション
mark01グローバルユースに適した多国語対応
mark0121 CFR Part 11 の要件に適合
簡単かつ効率的な開発環境
シングルシステムからWEBベースソリューションまで対応
強力なヒストリアン機能
mark01Microsoft SQL Serverを標準搭載
各種オープンスタンダード対応
冗長化機能対応
WinCCイメージ

WinCC 標準機能

グラフィックシステム
mark01豊富な画面作成機能を搭載
タグロギング&トレンド表示
アラームロギング&アラーム表示
アーカイブシステム
mark01Microsoft SQL Serverを標準搭載
レポートシステム
ユーザ管理
スクリプティング
mark01VBスクリプト、ANSI-Cを搭載
プロセスコミュニケーション
mark01SIMATIC S7などのPLC通信機能を搭載
ユーザ管理
WinCC標準機能

WinCC オプション機能

WinCC / Server
サーバ/クライアントシステムを構築するオプションです。最大12サーバ、32クライアントまで拡張可能です。
WinCC / Web Navigator
ネットワーク経由で、WinCCの操作画面にアクセスできる機能です。
WinCC / Redundancy
サーバの冗長化(二重化)を構築する機能です。
WinCC / DataMonitor
ネットワーク経由でプロセス値、ヒストリカル値の表示および分析をする機能です。
WinCC / Connectivity Pack
外部アプリケーションから、WinCCアーカイブデータへアクセスするための機能です。
WinCC / UserArchive
ユーザ固有のデータをデータベースへ保管する機能です。
WinCC / ODK
ユーザ独自のアプリケーションを開発するための、オープンプログラミングインターフェースです。

対応オペレーティングシステム

Windows 2003 Server SP2
Windows 2003 Server R2 SP2
Windows 2008 Server SP2
Windows XP Pro SP3
Windows 7 (32bit)
(Professional, Enterprise, Ultimate)
WinCC Network イメージ

PLC通信ドライバ

シーメンス製PLC(標準機能)
mark01SIMATIC S7 Protocol Suite
mark01SIMATIC S5
Ethernet Layer 4, AS511, Serial, Profibus-FDL
mark01SIMATIC 505
Serial, Ethernet Layer 4, TCP/IP
他社製PLC(オプション機能)
mark01Allen Bradley Ethernet/IP (ControlLogix)
mark01Modbus TCP/IP
mark01三菱電機 CNC (EZSocket対応) ※
mark01FANUC CNC (FOCAS1,FOCAS2対応) ※
WinCC PLC 接続
※印については、ダイセックにて開発した通信ドライバです。
詳しい仕様については、弊社までお問合せください。

SIMATIC WinCCに関するご質問は、下記までお問い合わせください。
〒733-0834
広島市西区草津新町1-21-35 ミクシスビル2F
株式会社 ダイセック
担当: 杉谷
TEL 082-278-8777
FAX 082-278-8781
E-mailinfo@disec.co.jp