mark01English

WinCC用 MELSEC通信ドライバ

WinCC mark01MELSEC通信ドライバ
WinCC用MELSEC通信ドライバは、三菱電機株式会社が開発した通信ミドルウェアである EZSocketを利用して開発しており、MELSECシーケンサ各シリーズ(Aシリーズ、QnAシリーズ、 Qnシリーズ、FXシリーズ、Lシリーズなど)で対応している通信接続形態に対応しています。

計算機リンクユニットでの接続だけでなく、CPU直結接続、MELSECNET、CC-Linkにも対応しています。
EZSocketロゴ

MELSEC通信ドライバの特長

複数台、複数種類のMELSECと通信可能
複数台、複数種類および複数通信プロトコルのMELSECシーケンサを、下図のように、 一つの通信ドライバがサポートします。
対応可能なシーケンサ、通信プロトコル、通信モジュールなどは、 こちらを参照ください。
MELSEC構成図
各種通信形態をサポート
Ethernet接続やシリアルポート接続だけでなく、MELSECNET、CC-Linkのネットワークへ 直接WinCCのパソコンから接続可能です。 MELSECNETやCC-Linkとの接続を行う場合は、これらのネットワークに対応するパソコン用 ボードを購入ください。
全デバイスへのアクセスをサポート
MELSEC各機種のサポートしている全種類のワードデバイス、ビットデバイスへのアクセスが可能です。
MELSECとの通信パラメータ設定が容易
MELSECとの通信パラメータ設定を、WinCC Explorerの通信ドライバ設定画面から呼び出される 「接続先設定」画面で、簡単に設定できます。
MELSEC接続先設定

MELSEC通信ドライバの主な仕様

対応するMELSEC CPUタイプ
シリーズ名 CPUユニット型名
Q シリーズ (Q モード) Q02(H)CPU, Q06HCPU, Q12HCPU, Q25HCPU, Q00JCPU, Q00CPU, Q01CPU, Q02PHCPU, Q06PHCPU, Q12PHCPU, Q25PHCPU, Q12PRHCPU, Q25PRHCPU, Q02UCPU, Q03UDCPU, Q04UDHCPU, Q06UDHCPU, Q13UDHCPU, Q26UDHCPU, Q03UDECPU, Q04UDEHCPU, Q06UDEHCPU, Q13UDEHCPU, Q26UDEHCPU
L シリーズ L02CPU, L26CPU-BT, LJ72GF15-T2
Qn シリーズ (A モード) Q02CPU-A、Q02HCPU-A、Q06HCPU-A
QnA シリーズ Q2ACPU(-S1)、Q2ASCPU(-S1)、Q3ACPU、Q4ACPU、Q2ASHCPU(-S1)、Q4ARCPU
A シリーズ A0J2HCPU, A1SCPU, A1SCPUC24-R2, A1SHCPU(-S1), A1SJCPU, A1SJHCPU, A1NCPU, A2CCPU, A2CJCPU, A2CCPUC24(-PRF), A2NCPU(-S1), A2SCPU, A2SHCPU, A3NCPU, A2ACPU(-S1), A2ACPUP21/R21(-S1), A3ACPU, A3ACPUP21/R21, A1FXCPU, A2UCPU(-S1), A3UCPU, A4UCPU, A2USCPU(-S1), A2USHCPU-S1
FX シリーズ FX0, FX0S, FX0N, FX1, FX1S, FX1N, FX1NC, FX2, FX2C, FX2N, FX2NC, FX3UC, FX3U
モーションコントローラ A273UHCPU(-S3), A173UHCPU(-S1), A171SHCPU, A172SHCPU, Q172(H)CPU, Q173(H)CPU, Q172DCPU, Q173DCPU
対応するMELSEC通信形態
通信形態 シーケンサ側ユニット形名、中継ユニット形名 パソコン側インターフェース
CPUユニット直接通信 対応する全CPUユニット RS232Cポート必要
CPUユニット直接通信 (USB) 対応するQnHCPUユニット (Qモード) USBポート必要
CPUユニット直接通信 (Ethernet) 対応するQnUDEHCPUユニット Ethernetポート必要
リモートI/O通信 AJ72P25(-S3)/LP25(G)/QLP25(G), AJ72R25/BR15/QBR15, AJ72T25B, A1SJ72T25B, A1SJ72QBR15/QLP25/QLR25, QJ72LP25G/LP25-25/BR15 RS232Cポート必要
計算機リンク通信 AJ71C24-S6, AJ71C24-S8, A1SJ71C24-PRF, A1SJ71C24-R2, AJ71UC24(-PRF), A1SJ71UC24-R2, A1SJ71UC24-PRF, A1SCPUC24-R2, A2CCPUC24(-PRF), FX2N-485-BD, FX1N-485-BD, FX2N-232-BD, FX1N-232-BD, FX0N-485ADP(*1), FX2NC-485ADP(*1), FX0N-232ADP(*1), FX2NC-232ADP(*1), FX3U-232ADP, FX3U-485ADP RS232Cポート必要
シリアルコミュニケーション通信 AJ71QC24(N)、AJ71QC24(N)-R2, A1SJ71QC24(N), A1SJ71QC24(N)-R2, QJ71C24(-R2), QJ71CMO RS232Cポート必要
イーサネット通信 AJ71E71(-S3)、A1SJ71E71(-B2)(-B5)(-B2-S3)(-B5-S3)、AJ71QE71(-B2)(-B5)、 A1SJ71QE71(-B2)(-B5), QJ71E71(-B2), QJ71E71-100,AJ71E71N-T(B2)(B5), A1SJ71E71N-T(B2)(B5), AJ71QE71N-T(B2)(B5), A1SJ71QE71N-T(B2)(B5) Ethernetポート必要
MELSECNET(Ⅱ)通信 AJ71AP21, AJ71AR21, AJ72P25(-S3), AJ72R25, A1SJ71AP21, A1SJ71AR21 A70BD-J71AP23(光) (ISAバス)
MELSECNET/10 通信 AJ71LP21, AJ71LP21G, AJ71BR11, AJ71LR21, AJ72LP25, AJ72LP25G, AJ72BR15, AJ72LR25 A1SJ71LP21, A1SJ71BR11, A1SJ72QLP25, A1SJ72QBR15, AJ71QLP21, AJ71QLP21S, AJ71QLP21G, AJ71QBR11, AJ72QLP25, AJ72QLP25G, AJ72QBR15, A1SJ71QLP21, A1SJ71QLP21S, A1SJ71QBR11, AJ71LR21, AJ72QLR25, A1SJ71QLR21, A1SJ71LR21, A1SJ72QLR25 A70BD-J71QLP23(光) (ISAバス),
A70BD-J71QBR13(同軸バス) (ISAバス),
A70BD-J71QLR23(同軸ループ) (ISAバス)
MELSECNET/H 通信 QJ71LP21(S)-25, QJ71LP21G, QJ72LP25G, QJ71BR11, QJ72LP25-25, QJ72BR15 Q80BD-J71LP21(S)-25(光),
Q80BD-J71BR11(同軸)
CC-Link IE(MELSECNET/G)通信 QJ71GP21-SX Q80BD-J71GP21-SX(光),
Q80BD-J71GP21S-SX(光, 外部電源供給機能付)
CC-Link通信 QJ61BT11, AJ61BT11, A1SJ61BT11, QJ61BT11N A80BD-J61BT13(PCIバス)
Q80BD-J61BT11N(PCIバス)
CC-Link G4通信 AJ65BT-G4, AJ65BT-G4-S3 RS232Cポート必要
SSCNETボード通信 A273UHCPU(-S3), A173UHCPU(-S1), 171SHCPU, A172SHCPU A30BD-PCF(ISAバス),
A30CD-PCF(PCMCIA TypeⅡ)
*1:FX1N、FX1Sに接続する場合、増設機器接続用インタフェースFX1N-CNV-BDが必要です。
FX2Nに接続する場合は、増設機器接続用インタフェースFX2N-CNV-BDが必要です。
(注1)MELSECNETⅡ、MELSECNET/10、シーケンサバス接続は、Windows2000、XP、Vistaでは ご使用になれません。
上記の各パソコンインタフェースボードは、Windows Meではご使用になれません。

WinCC用MELSEC通信ドライバに関するご質問は、下記までお問い合わせください。
〒733-0834
広島市西区草津新町1-21-35 ミクシスビル2F
株式会社 ダイセック
担当: 杉谷
TEL 082-278-8777
FAX 082-278-8781
E-mailinfo@disec.co.jp