mark01English

FMSソリューション紹介

FMSソリューションとは、予め設定した生産計画に従って、オペレータに 加工ワークの段取り指示を出し、加工ワークの搬送システムと、 NC工作機械を自動制御することで、加工ワークの自動生産を行うものです。

このシステムでは、機器との通信機能、制御機能および操作画面が、SCADAソフトウェアで開発されており、 安定的な動作を行うことができます。
FMSイメージ

FMS 自動運転機能

パレット自動搬送
mark01生産計画に基づいて段取りステーションで段取りしたパレットを、下記のように各装置間を自動搬送する機能です。
段取り作業の済んだパレットは、機械へ搬送されます。機械の入口にパレットがある場合は、一旦バッファステーションに搬送されます。
バッファステーションで加工を待っているパレットは、機械の入口が空いた時点で、生産計画の優先順に従ってパレットが搬送されます。
機械自動運転
mark01パレット自動搬送機能で機械にパレットが搬送された後に、機械を下記のように自動運転する機能です。
機械への搬送が完了すると、NCプログラムのダウンロードが開始され、加工を開始します。
機械での加工が完了すると、パレットは段取りステーションへ搬送されます。
(段取りステーションにパレットがある場合は一旦バッファステーションに搬送されます。)
工具自動搬送制御機能 (オプション)
mark01FMSに集中工具マガジンと工具自動搬送装置が付く場合に、機械の加工で必要な工具と不要となる工具を自動交換する機能です。

FMS 操作画面機能

FMSを構成する設備のリアルタイムの状況を表示する機能です。
マスタ情報管理機能
FMSで自動運転を行うための、設備マスタ、工程マスタ、冶具マスタなどを定義、編集する機能です。
生産計画設定機能
FMSで生産する部品の生産順序を設定する機能です。
段取り作業指示機能
段取りステーションでの部品取付け、取外し作業の指示を行う機能です。
部品加工を行うためのNCプログラムを管理する機能です。
機械の稼動実績時間と、NCプログラム毎の稼動実績時間を管理する機能です。
工具情報管理機能(オプション)
機械の工具寿命情報、補正情報などを集中管理する機能です。

FMS の設備構成と仕様

FMSソリューションの対応可能な設備仕様は、下図の通りです。下記以外の設備仕様については、弊社までお問い合わせください。
FMS設備仕様

FMSソリューションに関するご質問は、下記までお問い合わせください。
〒733-0834
広島市西区草津新町1-21-35 ミクシスビル2F
株式会社 ダイセック
担当: 杉谷
TEL 082-278-8777
FAX 082-278-8781
E-mailinfo@disec.co.jp